HOME>特集>鍼や灸を使って体の不調を治す専門家になろう

目次

どのような仕事か

鍼治療

鍼と灸を使って体の不調を治す鍼灸師。鍼とは医療用の針でツボを刺激して体の不調を治すもので、灸とは薬草のヨモギを乾燥させて作った「モグサ」をツボの上で燃やし、温めて治療する技術のことです。鍼灸師は鍼や灸で、神経痛や腰痛や冷え性などを治す専門家です。はり師ときゅう師は別々の国家資格ですが、両方の資格を取得することで鍼と灸の両方の治療を行うことができます。国家資格を受験するためには、専門学校や大学などで3年以上学んで所定の単位を修めて卒業する必要があります。そして国家試験に合格することで、資格が得られます。

養成機関の特徴について

鍼灸師とは、はり師ときゅう師の国家資格を取得している人のことをいいます。はり師ときゅう師はそれぞれ別の国家資格ですが、同じ鍼灸師養成機関で必要な単位を取得して卒業すれば、両方の国家試験を受験することが可能です。養成機関には大学や専門学校がありますが、専門学校の方が多いです。専門学校では専門的な科目を中心にカリキュラムが組まれていて、3年間で卒業できるコースがほとんどです。そのため、早く社会に出て働きたいという人向けです。一方大学は4年間通う必要がありますが、一般教養も学べるので幅広い知識が身につきます。

広告募集中